GP使用書 (豆類・穀物)          ▼お問い合わせ

GPシリーズ使用書    ジャガイモ          ▼お問い合わせ

 

種子浸漬         

@殺菌剤との併用可                      

GP246

   3,000

通常作業

 

本 圃

 A病害虫対策として(消毒時に混用散布)

GP246

 5,000

24回/月

GPレスキュー

 3,000

      農薬を使用しない予防時はGPレスキューを1,000倍で使用

      展着剤は不要

B培土前・花前・花後に2種の混用散布

GP246

 5,000

00〜150g/反

GPエナジー

 1,000

※ 展着剤は不要

C日照不足、干ばつ時の生育不良対策

GP246

5,000

適時
100150g/反 

GPエナジー

2,000

D酸欠、ガス障害、ECが高い場合(農薬の混用不可)

GPリバース

    2,000

200300g/反

Eカルシウム欠乏の時

GP246

   5,000

適時

 

GPカルシウム

   1,000

効 果                 

● 発芽・発根促進

      初期成育促進

      葉肉が厚くなり、節間がつまる、樹が締まる 

⇒ 耐病性アップ(エキ病・軟腐病の予防)

      収量アップ   

 秀品率アップ                  

 

 

      GPシリーズ使用書  ジャガイモ(減農薬)  ▼お問い合わせ

種子浸漬         

@殺菌剤との併用可                      

GP246

 2,000

通常作業

本 圃 

A病害虫対策として(3種の混用散布)

GP246

 2,0003,000

1回/週

GPキトサン

  5001,000

 GPレスキュー

 1,0003,000

      雨が多い場合はやや濃い目に、晴天が続けば薄めに使用、

また雨の前後での防除が効果的

      農薬使用時はGPキトサンを最後に混入

      展着剤は不要

B培土前・花前・花後に2種の混用散布            

GP246

 3,000

150200g/反

 

GPエナジー

 1,000

※ 展着剤は不要

C酸欠、ガス障害、ECが高い場合(農薬との混用不可)

GPリバース

     1,000

200300g/反

Dカルシウム欠乏の時

GP246

 3,000〜5,000

適時

 

GPカルシウム

   1,000

E日照不足、干ばつ時の生育不良対策

GP246

5,000

適時
100150g/反 

GPエナジー

2,000

           効 果      

      発芽・発根促進

      初期成育促進

      葉肉が厚くなり、節間がつまる、樹が締まる 

⇒ 耐病性アップ(エキ病・軟腐病の予防)

      収量アップ  ● 秀品率アップ  

 

                 

         GPシリーズ使用書   小豆     ▼お問い合わせ

種子浸漬         

@種子浸漬(吹き付けでも可)後,乾かしてから播種        

GP246

 3,000

10秒で可

 

本 圃 

A病害虫対策として(消毒時に混用散布)

GP246

 5,000

適時
00〜150g/反

GPレスキュー

 3,000

            農薬を使用しない予防時はGPレスキューを1,000倍で使用

            展着剤は不要

B花前・花後に3種の混用散布

GP246

5,000

適時
100150g/反 

GPエナジー

1,000

C日照不足、干ばつ時の生育不良対策

GP246

 5,000

00〜150g/反

 

GPエナジー

   1,000

            展着剤は不要

D酸欠、ガス障害、ECが高い場合(農薬の混用不可)

GPリバース

     2,000

200300g/反

Eカルシウム欠乏の時

GP246

   5,000

適時

 

GPカルシウム

   1,000

効 果     

● 発芽・発根促進

● 初期成育促進

● 葉肉が厚くなり、節間がつまる、樹が締まる ⇒ 耐病性アップ

● 収量アップ  

秀品率アップ

 

      GPシリーズ使用書  小麦(秋まき)     ▼お問い合わせ

種子吹付け

@種子吹付け後、乾かしてから播種               

GP246

     3,000

まんべんなく散布

本 圃(前年)

A収量アップ対策1(養分の蓄積と分けつを促進させる)

GP246

 3,000〜5,000

発芽23週間後

 

GPエナジー

   1,000

B雪腐れ対策(農薬との混用可)

GP246

     5,000

100g/反

本 圃(翌年) 

C消毒時に混用散布(ウドンコ・赤カビ・アブラムシ対策)

GP246

 5,000

1回/月(5月から)

GPレスキュー

 3,000

      農薬を使用しない予防時はGPレスキューを1,000倍で使用

  ※ 展着剤は不要

D収量アップ対策3(花前・花後に2種の混用散布/農薬の混用可

GP246

 5,000

100150g/反

 

GPエナジー

     1,000

Eうどんこ対策及び酸欠・ガス障害・ECが高い場合(農薬の混用不可)

GPリバース

     1,000

200300g/反

F日照不足、干ばつ対策

GP246

 3,000〜5,000

適時

 

GPエナジー

   1,000

 効 果      

● 発芽・発根促進

● 初期成育促進

● 葉肉が厚くなり、節間がつまる、樹が締まる 

⇒ 耐病性アップ・倒伏防止

● 収量アップ     秀品率アップ

 

 

             GPシリーズ使用書    ビート      ▼お問い合わせ 

育苗時  

@散水に合わせて

GP246

 5,000

810回散布300から500ml /

 

GPキトサン

 1,000

本 圃 

A病害虫対策として(消毒時に混用散布)

GP246

 5,000

1回/月
( 6月から9月まで)

GPレスキュー

 3,000

      展着剤は不要

      9月以降は糖度を上げるため、散布は控える

B日照不足、干ばつ時の生育不良対策

GP246

5,000

適時
100150g/反 

GPエナジー

2,000

海藻エキス

10,000

C酸欠、ガス障害、ECが高い場合(農薬の混用不可)

GPリバース

 1,000 

200300g/反

効 果      

● 発芽・発根促進

● 初期成育促進

● 葉肉が厚くなる ⇒ 耐病性アップ

      収量アップ   

 糖度アップ

 

 

GPシリーズ使用書    水稲  ▼お問い合わせ

種子浸漬  @殺菌剤との併用可                      

GP246

     3,000

通常作業(最終日も可)

育苗時

           A散水時に混用散布(立枯れの薬との混用可)

GP246

 5,000

@          第一散水時A          1.5葉期
B          田植え前
  は必ず散布

GPキトサン

     1,000

本 圃 

B代かき時

GP246

   100ml/反

 

散布(点滴でも可)

GPリバース

 1,000ml/反

※ 数十倍から数百倍に薄めての散布をおすすめします

C最高分けつ期 及び 各病害虫防除時

GP246

 5,000

適時、適量

GPレスキュー

 3,000

            農薬を使用しない時はGPレスキューを1,000倍で使用

            展着剤は不要

D幼穂形成期

GPリバース

     2,000 

300500g/反
葉面散布、流しこみ

            農薬との混用不可

E登熟期

GP246

 3,000〜5,000

適時

GPエナジー

   1,000

Fカルシウム欠乏の時

GP246

 3,000〜5,000

適時

GPカルシウム

   1,000

効 果      

                      ● 発芽・発根促進    ● 初期成育促進

● 節間がつまり、樹が締まる ⇒ 耐病性アップ・倒伏防止

● 収量アップ     秀品率アップ