GP使用書 (果菜)             ▼お問い合わせ        

GPシリーズ使用書    スイカ

育苗時     

          @散水に合わせて

GP246

 5,000

3〜5回

 

定植時    

           Aドブ漬けまたはたっぷり散水                      

GP246

   5,000

1

GPキトサン

   1,000

本 圃   

           B病害虫対策として(消毒時に混用散布)

GP246

 5,000

適時

GPレスキュー

 3,000

※ 農薬を使用しない場合はGPレスキューを1,000倍で使用

           C潅水チューブがある場合       

GP246

    100cc/反

1〜2回/月

GPキトサン

  1,000cc/反

           D日照不足時の生育促進及び糖度アップ・成り疲れ対策

GP246

5,000

適時
100150g/反

GPエナジー

2,000

E酸欠、ガス障害、ECが高い場合(農薬の混用不可)

GPリバース

 1,000 

200300g/反

効 果      

      発芽・発根促進

      初期成育促進

      葉肉が厚くなる ⇒ 耐病性アップ

      収量アップ  

      糖度アップ

 

 

GPシリーズ使用書    メロン      ▼お問い合わせ

育苗時     

          @散水に合わせて

GP246

 5,000

35

 

定植時    

           Aドブ漬けまたはたっぷり散水                      

GP246

   5,000

1 

GPキトサン

   1,000

本 圃   

           B病害虫対策として(消毒時に混用散布)

GP246

 5,000

適時 

GPレスキュー

 3,000

※ 農薬を使用しない場合はGPレスキューを1,000倍で使用

           C潅水チューブがある場合       

GP246

    100cc/反

1〜2回/月
収穫1ヶ月前まで

GPキトサン

  1,000cc/反

           D日照不足時の生育促進及び糖度アップ・成り疲れ対策

GP246

5,000

適時
100150g/反 

GPエナジー

2,000

           E酸欠、ガス障害、ECが高い場合(農薬の混用不可)

GPリバース

 1,000 

200300g/反

効 果      

      発芽・発根促進

      初期成育促進 

      葉肉が厚くなる ⇒ 耐病性アップ

      収量アップ   

      糖度アップ

 

 

GPシリーズ使用書    トマト  ▼お問い合わせ

育苗時     

          @散水に合わせて

GP246

 5,000

3〜5回

 

定植時    

           Aドブ漬けまたはたっぷり散水                      

GP246

   5,000

1

GPキトサン

   1,000

本 圃   

           B病害虫対策として(消毒時に混用散布)

GP246

 5,000

適時

GPレスキュー

 3,000

※ 農薬を使用しない場合はGPレスキューを1,000倍で使用

           C潅水      

GP246

    100cc/反

1〜2回/月

GPキトサン

  1,000cc/反

           D日照不足時の生育促進及び糖度アップ・成り疲れ対策

GP246

5,000

適時
100150g/反 

GPエナジー

2,000

           E酸欠、ガス障害、ECが高い場合(農薬の混用不可)

GPリバース

 1,000 

200300g/反

           F尻腐れ対策

GP246

 3,000〜5,000

適時

GPカルシウム

   1,000

           Gトマトトーン使用の場合

 GP246

   3,000

適時

効 果   ● 発芽・発根促進        ● 初期成育促進● 葉肉が厚くなる ⇒ 耐病性アップ

           ● 収量アップ     糖度アップ

 

 

GPシリーズ使用書 トマト(ハイポニカ・新和・NFT等

育苗時      

           @散水に合わせて

GP246

   5,000

35回散布

本 圃    

           A病害虫対策として(散水または消毒時に混用散布)

GP246

     5,000

1回/週

 

GPレスキュー

   3,000

              B潅水 

GP246

   100,000

23回/月

GPキトサン

   10,000

※ 100,000 倍の場合   10トンの水に対して ⇒    100ml

20トン       ⇒   200ml

30トン       ⇒   300ml

※ 10,000 の場合   10トンの水に対して ⇒  1,000ml

20トン       ⇒ 2,000ml

30トン       ⇒ 3,000ml     

           Cトマトトーン使用の場合

 GP246

   3,000

適時

           D尻腐れ対策

GP246

   5,000

適時

GPカルシウム

   1,000

           E日照不足による生長促進及び食味アップ・成り疲れ対策

GP246

   5,000

適時

 

GPエナジー

   1,000

効 果  

           根張り・活着促進

           葉肉が厚くなり、草勢が良くなる ⇒ 葉カビ・灰色カビ病の予防 

           樹がしまり、節間が短くなる

           玉伸びが良く、重量感がでる

           食味が良くなる

           成り疲れ防止


   GPシリーズ使用書    トマト(ロックウール耕)▼お問い合わせ

育苗時     

           @散水に合わせて

GP246

 5,000

3〜5回

 

本 圃   

           A病害虫対策として(消毒時に混用散布)

GP246

 5,000

適時

GPレスキュー

 3,000

※ 農薬を使用しない場合はGPレスキューを1,000倍で使用

           B潅水      

GP246

   30,000

1〜2回/月

GPキトサン

     3,000

           C日照不足時の生育促進及び糖度アップ・成り疲れ対策

GP246

5,000

適時
100150g/反 

GPエナジー

2,000

           D尻腐れ対策

GP246

   5,000

適時

GPカルシウム

   1,000

           Eトマトトーン使用の場合

 GP246

   3,000

適時

           効 果      

      発芽・発根促進

      初期成育促進

      葉肉が厚くなる ⇒ 耐病性アップ

      収量アップ   

      糖度アップ

 

 

GPシリーズ使用書    イチゴ ▼お問い合わせ

育苗時     

          @散水に合わせて

GP246

 5,000

3〜5回

 

定植時    

           Aドブ漬けまたはたっぷり散水                      

GP246

   5,000

1

GPキトサン

   1,000

本 圃   

           B病害虫対策として(消毒時に混用散布)

GP246

 5,000

適時 

GPレスキュー

 3,000

※ 農薬を使用しない場合はGPレスキューを1,000倍で使用

           C潅水      

GP246

    100cc/反

1〜2回/月

GPキトサン

  1,000cc/反

           D日照不足時の生育促進及び糖度アップ・成り疲れ対策

GP246

5,000

適時
100150g/反 

GPエナジー

2,000

           E酸欠、ガス障害、ECが高い場合(農薬の混用不可)

GPリバース

 1,000 

200300g/反

           Fカルシウム欠乏(チップバーン等)の時

GP246

   5,000

適時

GPカルシウム

   1,000

効 果      

           発芽・発根促進

           初期成育促進

           葉肉が厚くなる ⇒ 耐病性アップ

           収量アップ     糖度アップ                   


GPシリーズ使用書    イチゴ(ロックウール耕)

育苗時     

           @散水に合わせて

GP246

 5,000

3〜5回

本 圃   

           A病害虫対策として(消毒時に混用散布)

GP246

 5,000

適時

GPレスキュー

 3,000

※ 農薬を使用しない場合はGPレスキューを1,000倍で使用

           B潅水      

GP246

   30,000

1〜2回/月

GPキトサン

     3,000

           C日照不足時の生育促進及び糖度アップ・成り疲れ対策

GP246

5,000

適時
100150g/反 

GPエナジー

2,000

           Dカルシウム欠乏(チップバーン等)対策

GP246

   5,000

適時

GPカルシウム

   1,000

           効 果      

      発芽・発根促進

      初期成育促進

      葉肉が厚くなる ⇒ 耐病性アップ

      収量アップ   

      糖度アップ

 

 

GPシリーズ使用書   キュウリ  ▼お問い合わせ 

育苗時     

          @散水に合わせて

GP246

 5,000

3〜5回

定植時    

           Aドブ漬けまたはたっぷり散水                      

GP246

   5,000

1

GPキトサン

   1,000

本 圃   

           B病害虫対策として(消毒時に混用散布)

GP246

 5,000

適時 

GPレスキュー

 3,000

※ 農薬を使用しない場合はGPレスキューを1,000倍で使用

           C日照不足時の生育促進及び糖度アップ・成り疲れ対策

GP246

5,000

適時
100150g/反 

GPエナジー

2,000

           D酸欠、ガス障害、ECが高い場合(農薬の混用不可)

GPリバース

 1,000 

200300g/反

           Eカルシウム欠乏の時

GP246

 3,000〜5,000

適時

GPカルシウム

   1,000

           効 果      

           発芽・発根促進

           初期成育促進

           葉肉が厚くなる ⇒ 耐病性アップ

           収量アップ   

           秀品率アップ


GPシリーズ使用書   ナス    ▼お問い合わせ

育苗時     

          @散水に合わせて

GP246

 5,000

3〜5回

定植時    

           Aドブ漬けまたはたっぷり散水                      

GP246

   5,000

1

GPキトサン

   1,000

本 圃   

           B病害虫対策として(消毒時に混用散布)

GP246

 5,000

適時

GPレスキュー

 3,000

※ 農薬を使用しない場合はGPレスキューを1,000倍で使用

           C日照不足時の生育促進及び糖度アップ・成り疲れ対策

GP246

5,000

適時
100150g/反 

GPエナジー

2,000

           D酸欠、ガス障害、ECが高い場合(農薬の混用不可)

GPリバース

 1,000 

200300g/反

           Eカルシウム欠乏の時

GP246

 3,000〜5,000

適時

GPカルシウム

   1,000

           効 果      

      発芽・発根促進

      初期成育促進

      葉肉が厚くなる ⇒ 耐病性アップ

      収量アップ   

      秀品率アップ

 

 

GPシリーズ使用書 ピーマン シシトウ トウガラシ▼お問い合わせ

育苗時     

          @散水に合わせて

GP246

 5,000

3〜5回

定植時    

           Aドブ漬けまたはたっぷり散水                      

GP246

   5,000

1

GPキトサン

   1,000

本 圃   

           B病害虫対策として(消毒時に混用散布)

GP246

 5,000

適時 

GPレスキュー

 3,000

※ 農薬を使用しない場合はGPレスキューを1,000倍で使用

           C日照不足時の生育促進及び糖度アップ・成り疲れ対策

GP246

5,000

適時
100150g/反 

GPエナジー

2,000

           D酸欠、ガス障害、ECが高い場合(農薬の混用不可)

GPリバース

 1,000 

200300g/反

           Eカルシウム欠乏の時

GP246

 3,000〜5,000

適時

GPカルシウム

   1,000

効 果      

           ● 発芽・発根促進

           ● 初期成育促進

           ● 葉肉が厚くなる ⇒ 耐病性アップ

           ● 収量アップ   

           ● 秀品率アップ                           

 

 

         GPシリーズ使用書   カボチャ       ▼お問い合わせ

種子浸漬   

           @コーティング種子でない場合

GP246

   5,000

一昼夜

育苗時      

           A散水に合わせて

GP246

   5,000

35回散布

植付時    

           Bドブ漬けまたはたっぷり散水                                             

GP246

   5,000

1

GPキトサン

   1,000

本 圃    

           C病害虫対策として(散水または消毒時に混用散布)

GP246

   5,000

12回/月

GPレスキュー

   3,000

            農薬を使用しない時はGPレスキューを1,000倍で使用

            展着剤は不要

           Dガス障害、酸欠、ECが高い場合

GPリバース

    1,500

1回/月を2
500g/反

           Eカルシウム欠乏の時

GP246

 3,000〜5,000

適時

GPカルシウム

   1,000

           F日照不足、干ばつ対策

GP246

 3,000〜5,000

適時

GPエナジー

   1,000

効 果  ● 根張り・活着促進

           ● 葉肉が厚く、草勢が良くなる ⇒ 耐病性アップ うどんこ病予防 

           ● 肥効アップによる、肥大効果   ● 秀品率アップ