使用書 (果樹)             ▼お問い合わせ

GPシリーズ使用書   ミカン

収穫後    

           @樹勢回復対策として                     

GP246

     5,000

300500g/反

GPエナジー

     1,000

開花後    

           A幼果期の灰色カビ、害虫対策 (  5月ごろ  )

GP246

     5,000

適時
300500g/反

GPレスキュー

     3,000

       ※無農薬の場合はGPレスキューを1,000倍で使用

摘果後    

           B果実肥大期の病害虫対策として( 7月〜11月ごろ )       

GP246

     5,000

適時(3回程度)
300500g/反

GPレスキュー

     3,000

           C水溶性カルシウム補給に合わせ( 9月〜10月ごろ

GP246

     5,000

適時(2回程度)
300500g/反

GPカルシウム

     1,000

着色期    

           D防腐剤散布に合わせ( 12月ごろ )

GP246

     5,000

300500g/反

GPキトサン

     1,000

その他    

           Eガス障害、酸欠、ECが高い場合

GPリバース

     1,000

適時 500g/反 

           F食味アップ対策

GP246

 3,000〜5,000

適時

GPエナジー

   1,000

効 果      

           ●  発根促進   ●  葉肉が厚くなり、樹勢が良くなる ⇒ 耐病性アップ        ● 果実肥大効果           糖度アップ・食味が良くなる

 

        

GPシリーズ使用書   ウメ    ▼お問い合わせ

収穫後    

           @成り疲れ樹に対して                     

GP246

     5,000

300500g/反

GPエナジー

     1,000

A越冬病害虫が認められた場合(農薬との混用で)                 

GP246

     5,000

適時
300500g/反

GPレスキュー

     3,000

       ※ 無農薬の場合はGPレスキューを1,000倍で使用

開花前    

           Bガク片離脱前(農薬との混用で)

GP246

     5,000

300500g/反

      石灰硫黄合剤との併用可

開花後    

           C幼果期の灰色カビ、かいよう病対策 (  3月ごろ  )

GP246

     5,000

300500g/反

果実肥大期  

           D黒星、かいよう病及び果実肥大対策(  4月〜 5月初ごろ )      

GP246

     5,000

適時(3回程度)
300500g/反

GPエナジー

     1,000

           Eガス障害、酸欠、ECが高い場合

GPリバース

     1,000

適時 500g/反 

           効 果      

         発根促進

         葉肉が厚くなり、樹勢が良くなる ⇒ 耐病性アップ・霜対策 

         病害虫の予防効果

         果実肥大効果

 

 

GPシリーズ使用書      ▼お問い合わせ

収穫後    @成り疲れ樹に対して                     

GP246

     5,000

200300g/反

GPエナジー

     1,000

      礼肥との併用で使用

展葉期    A黒星病防除時(農薬との混用で)

GP246

     5,000

200300g/反

新梢伸長期  B黒星、うどんこ病防除時(農薬との混用で)

GP246

     5,000

200300g/反

開花〜幼果期 C各病害虫防除時(農薬との混用で)

GP246

     5,000

適時
200300g/反

GPレスキュー

     3,000

       ※ 無農薬の場合はGPレスキューを1,000倍で使用

摘果後    Dうどんこ、炭そ病防除時(農薬との混用で)

GP246

     5,000

200300g/反

              Eカイガラムシ、カメムシ、イラガ等発生時(農薬との混用で)

GP246

     5,000

適時
200300g/反

GPレスキュー

     3,000

果実肥大期  F果実肥大対策

GP246

     5,000

適時(2回程度)
250350g/反

GPエナジー

     1,000

   Gガス障害、酸欠、ECが高い場合

GPリバース

     1,000

1回/月を2回
500g/反

           効 果      

           ●  発根促進

         葉肉が厚くなり、樹勢が良くなる ⇒ 耐病性アップ 

         果実肥大効果

         糖度アップ・食味が良くなる                      

                                                                        

GPシリーズ使用書   ナシ  ▼お問い合わせ

 

収穫後    @樹勢回復、黒星病対策として(農薬との混用で)                 

GP246

 5,000

適量

GPエナジー

 1,000

開花前後   A黒星、赤星病、害虫対策 (  4月中〜下旬ごろ  )

GP246

 5,000

適時

300g/反

GPレスキュー

 3,000

        ※ 無農薬の場合はGPレスキューを1,000倍で使用

摘果後    B果実肥大期の病害虫対策として( 6月〜7月ごろ )        

GP246

 5,000

適時(3回程度)

250g/反

 

GPレスキュー

 3,000

       C水溶性カルシウム補給に合わせ( 6月〜7月ごろ

GP246

 5,000

適時(2回程度)

250g/反

GPカルシウム

 1,000

梅雨期〜後  D黒星、輪紋病害虫対策として( 7月〜8月ごろ )

GP246

 5,000

350g/反

 

 

GPレスキュー

 3,000

その他    E酸欠、ガス障害、ECが高い場合

GPリバース

 1,000

350500g/反

       F糖度アップ対策

GP246

 3,000~5,000

適時

GPエナジー

   1,000

備 考      ・GP246使用時の展着剤は不要

 

       効 果    

         発根促進

         葉肉が厚くなり、樹勢が良くなる ⇒ 耐病性アップ

         病害虫の予防効果 

         果実肥大効果

         糖度アップ・食味が良くなる

 

 

    GPシリーズ使用書  西洋梨(ラ・フランス)▼お問い合わせ

収穫後    @樹勢回復、黒星病対策として(農薬との混用で)                 

GP246

 5,000

適量

GPエナジー

 1,000

開花前後   A黒星、赤星病、害虫対策 (  4月中〜下旬ごろ  )

GP246

 5,000

適時
300g/反

GPレスキュー

 3,000

        ※ 無農薬の場合はGPレスキューを1,000倍で使用

摘果後    B果実肥大期の病害虫対策として( 6月〜7月ごろ )        

GP246

 5,000

適時(3回程度)
250g/反

 

GPレスキュー

 3,000

       C水溶性カルシウム補給に合わせ( 6月〜7月ごろ

GP246

 5,000

適時(2回程度)
250g/反

GPカルシウム

 1,000

梅雨期〜後  D黒星、輪紋病害虫対策として( 7月〜8月ごろ )

GP246

 5,000

350g/反 

 

GPレスキュー

 3,000

その他    E酸欠、ガス障害、ECが高い場合

GPリバース

 1,000

350500g/反

       F糖度アップ対策

GP246

 3,000〜5,000

適時

GPエナジー

   1,000

             

効 果    

         発根促進

         葉肉が厚くなり、樹勢が良くなる ⇒ 耐病性アップ

         病害虫の予防効果 

         果実肥大効果

         糖度アップ・食味が良くなる

 

 

       GPシリーズ使用書   ブドウ  ▼お問い合わせ

発芽前    @樹勢対策及び各種病害対策として( 3月下旬〜4月上旬 )    

GP246

 5,000

適時
350g/反

GPエナジー

 1,000

展葉期    A着粒増加の為(5月上旬)       

GP246

 5,000

300g/反 新梢、花穂全体に散布

GPエナジー

 1,000

開花前後   Bべと病、灰色カビ病対策 (  5月下旬〜6月上旬ごろ  )

GP246

 5,000

適時

幼果期から  C果実肥大期の病害虫対策として( 6月中〜7月上旬ごろ )   

GP246

 5,000

300g/反 新梢、花穂全体に散布

GPレスキュー

 3,000

GPエナジー

 1,000

※ 無農薬の場合はGPレスキューを1,000倍で使用

除袋前後   Dべと病、スリップス対策として( 7月下旬〜8月下旬ごろ

GP246

 5,000

適時

その他    Eトラカミキリ対策として( 9月中旬〜10月下旬ごろ )

GP246

 2,000

400g/反

GPレスキュー

 3,000

    F樹勢が弱い場合

GP246

 5,000

適時
350g/反

GPエナジー

 1,000

G酸欠、ガス障害、ECが高い場合(Aに下記作業を追加)

GPリバース

 1,000

400g/反

効 果    

         発根促進

         葉肉が厚くなり、樹勢が良くなる ⇒ 耐病性アップ

         病害虫の予防効果 

         果実肥大効果

         糖度アップ・食味が良くなる            

 

 

        GPシリーズ使用書   リンゴ  ▼お問い合わせ

収穫後    @樹勢回復、フラン対策として(農薬との混用で)                 

GP246

 5,000

350500g/反
散布量は十分に

GPエナジー

 1,000

開花前後   A黒星病、害虫対策 (  4月〜5月ごろ  )

GP246

 5,000

早期防除に努める

GPレスキュー

   3,000

※ 無農薬の場合はGPレスキューを1,000倍で使用

摘果後    B果実肥大期の病害虫対策として( 6月〜7月ごろ )        

GP246

 5,000

300g/反

GPレスキュー

 3,000

GPエナジー

 1,000

梅雨後    C水溶性カルシウム補給(ビターピット対策)に合わせ( 7月〜8月ごろ

GP246

 5,000

適時(2回程度)
700g/反

GPカルシウム

 1,000

       D斑落、黒星、輪紋病、害虫対策として( 8月〜9月ごろ )

GP246

 5,000

700g/反

GPレスキュー

 3,000

その他    E酸欠、ガス障害、ECが高い場合(Bに下記作業を追加)

GPリバース

 1,000

350500g/反

      F糖度アップ対策

GP246

 3,000〜5,000

適時

GPエナジー

   1,000

           効 果    

         発根促進

         葉肉が厚くなり、樹勢が良くなる ⇒ 耐病性アップ

         病害虫の予防効果 

         果実肥大効果

         糖度アップ・食味が良くなる              

 

 

      GPシリーズ使用書   サクランボ  ▼お問い合わせ

発芽直前   @樹勢回復対策                         

GP246

 5,000

350500g/反
散布量は十分に

GPエナジー

 1,000

開花前後   A灰星病、幼果菌核病、害虫対策 (農薬との混用で)(4月下旬〜5月ごろ)

GP246

 5,000

適時
300500g/反

GPレスキュー

 3,000

※ 無農薬の場合はGPレスキューを1,000倍で使用

果実肥大期  Bカイガラムシ、灰星病対策として(農薬との混用で)(5月下旬〜6月ごろ) 

GPリバース

 2,000

350500g/反

収穫直前   C各種病害対策として(農薬との混用で)( 6月中旬ごろ )      

GP246

 5,000

適時
700g/反

GPレスキュー

 3,000

収穫後    Dせん孔病、炭ソ対策として(農薬との混用で)

GP246

 5,000

適時

その他    E酸欠、ガス障害、ECが高い場合

GPリバース

 1,000

潅水350500g/反

       F糖度アップ対策

GP246

 3,000~5,000

適時

GPエナジー

   1,000

              効 果    

         発根促進

         葉肉が厚くなり、樹勢が良くなる ⇒ 耐病性アップ

         病害虫の予防効果 

         果実肥大効果

         糖度アップ・食味が良くなる               

 

 

        GPシリーズ使用書   お茶       ▼お問い合わせ

萌芽期    @各種ダニ剤との併用で                    

GP246

 5,000

早期防除に努める

GPレスキュー

   3,000

※ 無農薬の場合はGPレスキューを1,000倍で使用

生育期    A各種農薬・液肥併用可       

GP246

   5,000

適時・適量

GPエナジー

 1,000

1番茶摘採後 B各種害虫対策(農薬との併用可)

GP246

 5,000

早期防除に努める

GPレスキュー

   3,000

2番茶摘採後 C摘採直後(輪斑病対策・農薬との併用可)

GP246

5,000

適時・適量

夏芽生育期  D炭そ病予防     

GP246

   5,000

雨が多い場合特に注意

GPキトサン

   1,000

秋芽生育期  E各種害虫対策(農薬との併用可)   

GP246

 5,000

早期防除に努める

GPレスキュー

   3,000

その他    F酸欠、ガス障害、ECが高い場合

GPリバース

    1,000

潅水・400g/反

       Gカメムシ対策

GPリバース

    2,000

適時・300g/反

H潅水の場合

GP246

 100ml/反

適時

GPキトサン

 1,000ml/反

       I収量アップ対策

GP246

 3,000〜5,000

適時

GPエナジー

   1,000

           効 果   

   発根促進・生育促進効果

   葉肉が厚くなり、光沢が出る ⇒ 耐病性アップ・収量アップ 

   樹勢アップ  ● 病害虫の予防効果