GP246 GPレスキュー GPリバース GPエナジー GPキトサン GPカルシウム 安全・安心
    GP使用書 作別にご案内しています。                                   
        植物をはぐくむ森林成分

     GPレスキュー
      植物が内臓する力を借りながら外敵に抵抗する
     天然資材では、 なによりも手遅れとならぬよう
     早くから作物に守りを固めさせるのが大切です。
   単独の葉面散布のほか、5000倍程度に薄めた
   GP246との混用は作物の勢いが高まり、より
   幅の広い予防となります。
    いずれも早めに使用し、農薬は切り札として肝心
   なタイミングで利かせるのがコツでしょう。
   特に浸透性の高い農薬以外は混用可能です。
   広範囲の使用は害の少ないゾーンをつくること
   になり、特別栽培やエコファームマーを団体で
   目指さす方々にはうってつけとなります

  
       


 ※マウスを用いた経口毒性試験による。
 LD50値(体重1k あたりの半数致死量)は、
 GPレスキュー原液で雄マウス  21,600mg,雌
 マウス19,900mgであった。ちなみにカフェイン
 は355mg、100%アルコールは10,600mgである
              植物をはぐくむ森林成分          
 人の生活と樹木の機能


 世界で親しまれている天然のニーム、ユーカリ、
 シトロネラ、プロポリスに日本のヒノキを加えた
 資材で外敵の多い季節に使われます。
 ニームは、抽出される液のほか、その残渣を
 圃場 に撒いて使われることもあります。
  インドやブラジル、キューバでは、園内にニーム
 の 木を家屋の周りに植えてもろもろの生物の
 侵入防いでいますがをつくりますが、最近は
 日本でも植樹をする家庭が増え ています。
 木については縁起が良いとか悪いとかの話を
 含めて昔から色々な物語りが伝えられますが、
 それ だけ人々と身近に影響しあっていること
 なのでしょう。秋の樹木はあたりへの彩で季節
 の訪れを告げ、実りを残しながら動物たちに
 冬の支度を促します。


安全性

 GPレスキューは作物に献身するハチ、ミミズ、
 天敵、昆虫類に対して影響を与えません。  
 なお人体への安全については、LD動物実験
 データ、農薬混入分析データもあります。
●効果
GPレスキュー 単体の希釈倍率 農薬混用時の希釈倍率 使用回数
育 苗 期 3,000倍 5,000倍 適宜
生育・収穫期 1,000倍 3,000倍 7日~10日毎
センチュウ対策 500ml~700ml/10a 土壌灌水 月1~2回

★ 希釈倍率は適正倍率をお守りください。基準より濃度が濃い場合には、濃度障害を起こす恐れがあります。
★ アミスター、ストロビーなど浸透性の強い農薬との混用は避けてください。
★ 子どもの手の届かない冷暗所で、密栓して保管してください
★ 希釈倍率は天候、環境に左右されます。濃度障害の恐れがある場合は表示より薄めにお使いください。
★ 冬季に液が固まることがありますが暖めると元に戻ります。品質には影響ありません。
★ 作物別使用法については
GP使用書をご参照ください。