自然の力
資料室
健康 専業農園
健康 家庭菜園
実りと安心の
植物活性剤
季節のテーマ
土壌改良材
楽しみ10倍
ダイキの商品館
GP246 GPレスキュー GPリバース GPエナジー GPキトサン GPカルシウム 安全・安心
                
  GP使用書 作別にご案内しています。                                     
      栽培での期待のポイント

GP246 は、野菜、花卉、果樹など多くの
   作物を対象とする葉面散布剤です。
    ヒノキチオールに代表される樹木の機能成分が
  生理 のバランスを高め、栄養吸収、光合成を
  活発に します。
  育苗時や、成長期など根の働きが必要な時には
  GPキトサン、温度障害や日照不足時には
  GPエナジー、といったようにタイムリーに使い分
  けるのは減農薬資材GPシリーズの醍醐味です。
  どのような場合にも成長のバランスと相乗効果、
  さらに外からの被害に備えてGP246の併用は
  怠らないようにします。
                      
       安全資材の力と背景
    GP246 の主原となる樹木はヒノキ科の
 アスナロ(ひば)に属している変形アスナロ
 で、一般に青森ヒバとよばれています。
 この木は虫やカビ、バクテリアを寄せつけ
 ないため保存性を求める神社、仏閣などに
 使われその代表が平安時代に建てられた
 中尊寺の金色堂です。
 この青森ヒバには世界の化粧品や医薬の
 関係者が求めているヒノキチオールが成分
 として含まれています。多用によって抗生物
 質が効かなくなるといった耐性の問題が少
 ないため、これまでも院内感染や O-157の
 広まったときには社会の注目を浴びること
 になりました。その成分は香りや森林浴
 などを通して日常でもやさしく私たちに自然
 の環境を提供してくれています。
 
人体安全については(財)日本食品分析センターの毒性テストで無害であることが確認されています。
※マウスを用いた経口毒性試験による。LD50値(体重1kgあたり
の半数致死量)は、GP246原液で雄雌マウスとも20,000mgの投与
でも致死量に至らなかった。
         安心ある持続の農作   
    
   
  
 蜜蜂 が大量に消えたり死んだりしたとの
 話しがあります。 おもに米国での悲劇で
 原因は不明なところもありますが移動など
 による環境変化によるストレスともいわれて
 います。 人のアレルギーも環境や食物から
 のストレスで神経バランスや抵抗力が失わ
 れます。 植物もまたストレスにより成長へ
  の影響を受けますが、最近では光、温度の
 異変、大気汚染などの環境要因が多いと
 いわれます。
 GP246 は主原料のヒバ油のほか、贅沢にも
 高価なプロポリスを配合しています。これは
 相乗的な活性の考慮によりますが、ハウス
 の蜂にストレスを与えないとの面があります。
 さらに興味ある観察は、一般にカビや虫の
 多くはヒバを敬遠しますが益虫や栽培資材に
 使われる微生物はあまり影響を受けないと
 されることです。
 天然だから安全というわけではありませんが、
 永い年月の中で動植物がストレスのない共存
 関係を築いた形を見る気がします。
 この自然の営みは、持続的農業についての
 ヒントを与えてくれそうです。

●効果

GP246 希釈倍率 使用回数 観察点
育 苗 期 5,000倍 双葉より7日毎 生育・徒長・諸害予防
定 植 期 5,000倍 どぶ漬け 活着・根張り・諸害予防
生育肥大期 3,000倍 7~10日毎 樹勢・諸害予防・果実着色・肥大
収 穫 期 3,000倍 7~10日毎 諸害予防・食味
灌    水 10,000倍以上 100~200ml/10a 月1~2回 生育・根張り・諸害予防・樹勢


★ 希釈倍率は適正倍率をお守りください。またアミスター、ストロビーなど浸透性の強い農薬との混用は避けてください。

★ 鉄成分の入った肥料、葉面散布剤との混用は避けてください。

★ 子どもの手の届かない冷暗所で、密栓して保管してください。

★ 希釈倍率は天候、環境に左右されます。濃度障害の恐れがある場合は表示より薄めにお使いください。

★ 作物別使用法については
GP使用書をご参照ください。